Scroll Down

2019.08.30(Fri.)

ジャンポール・ゴルチエのファッションへの情熱を体感する特別企画展『EXPANDING FASHION by JEAN PAUL GAULTIER』開催

2019.9.14(SAT.) - 10.13(SUN.)
11:00 - 20:00
at KASHIYAMA DAIKANYAMA

KASHIYAMA DAIKANYAMA は、ファッション業界を牽引するジャンポール・ゴルチエ氏の、ファッションに対する尽きない情熱と拡張を表現する特別企画展『EXPANDING FASHION by JEANPAUL GAULTIER』を2019 年9 月14 日(土)~10 月13 日(日)の期間、開催いたします。

前衛的かつ挑戦的なコレクションで「時代の寵児」「アヴァンギャルドの騎手」など、多くの呼び名で讃えられてきたジャンポール・ゴルチエ氏は、常にセンセーションを巻き起こしながら独創的なクリエイションを発表し続けています。プレタポルテコレクションを終了しオートクチュールに注力している現在も、世界のファッションシーンを牽引するトップデザイナーです。2018年には、彼の半生を歌とダンス、ファッションで表現した「Fashion Freak Show」をパリで上演し、新たなファッションの可能性を切り開くミュージカルショーとして話題をさらいました。ゴルチエ氏のファッションへの情熱は衣服にとどまらず、あらゆる芸術分野へと拡張し続けていると言えます。

この度、オンワードグループはゴルチエ氏との深い友好関係のもと、特別企画展を開催する運びとなりました。1970年代後半から若きジャンポール・ゴルチエ氏の才能を見出し、1981年からのパートナーシップにより世界での活躍をサポートしてきたオンワードグループの、新たな体験施設KASHIYAMA DAIKANYAMA 全館で、氏のファッションへの情熱を表現します。館内では、オートクチュールの貴重なコレクションピース13体の展示や、「Fashion Freak Show」特別編集版の日本初上映を行うほか、今回のために特別にリプロダクトされた限定アイテムも販売。代名詞とも言えるブルーストライプで彩られたカフェでは、限定スイーツとともに、ジャンポール・ゴルチエ氏のクリエイションを五感で楽しむことができます。

代官山の"丘" KASHIYAMA DAIKANYAMA が、ジャンポール・ゴルチエ氏の進化し続けるファッション表現で満たされる特別展示に、ぜひご期待ください。

about Jean Paul Gaultier
news_190829_01.jpg ©Peter Lindbergh
Jean Paul GAULTIER(ジャンポール・ゴルチエ)
ジャンポール・ゴルチエは、1952年にパリ郊外で生まれました。1970年、18歳の誕生日にピエール・カルダンでキャリアをスタート。ジャック・エステレル、ジャンパトゥ、そして再びピエール・カルダンに在籍した後、1976年、自身のファッションハウスを構え初のショーをパリで開催することを決意します。彼の評価とビジネスはすぐに拡大し、80年代前半には、最も話題を呼ぶ若手デザイナーの一人となりました。
彼はキャリアを通して、ダンス、音楽、映画のための仕事をしてきました。彼がデザインしたマドンナの『ブロンド・アンビション・ツアー』のための衣装は、ポップ・カルチャーに消えない痕跡を残したと言えます。映画作品では、ピーター・グリーナウェイによる『コックと泥棒、その妻と愛人(1989)』が初めてのコラボレーションとなりました。その後、マルク・キャロとジャン=ピエール・ジュネによる『ロスト・チルドレン』、リュック・ベッソンによる『フィフス・エレメント』の衣装デザインを担当し、ペドロ・アルモドバルとは、『キカ』、『バッド・エデュケーション』、『私が、生きる肌』の3作品にわたり協業しています。

2018年、ジャンポール・ゴルチエはパリの音楽ホール、フォリー・ベルジェール で『Fashion Freak Show』を発表しました。このミュージカルショーでは、歌とダンス、ファッションを通して、彼の人生と 50年にわたるポップカルチャーの物語が表現されています。パリで9ヶ月間の大成功を収めたショーは、今後ワールドツアーで世界を巡回いたします。

ジャンポール・ゴルチエ氏 と オンワードグループ
オンワードグループは、1970年後半から若きジャンポール・ゴルチエ氏をパリ・バスストップの専属デザイナーとして起用し、その才能を早くに見出しました。1976年にパリコレクションデビューを果たすと、1978年 オンワードとスティリスト契約を結び独立。1981年にはオンワードグループとのライセンス契約を締結します。その後、1986 年に代官山に路面店をオープン(~2006年 / 現グレースコンチネンタル本店)するなど、長きにわたりゴルチエ氏の世界的な活躍をサポートしてきました。

Fashion Freak Show(ファッション・フリーク・ショー)
news_190829_02.jpg Photos rights reserved to Fashion Freak Show ©BOBY
2018年にパリで初めて開催された『Fashion Freak Show』は、ジャンポール・ゴルチエの半生を、歌とダンス、ファッションで表現したミュージカルショー。9か月かけてパリ・イタリア・ロンドンで公演を行い、来年からワールドツアーで世界を巡回します。
http://jpgfashionfreakshow.com/

Contents
GALLERY / 1F
news_190829_03.jpg COLLECTION GAULTIER PARIS HAUTE COUTURE FALL / WINTER 2019 ©Anna Palermo

news_190829_04.jpg 『Fashion Freak Show』
Photos rights reserved to Fashion Freak Show ©BOBY


1FのGALLERYでは、「GAULTIER PARIS」の貴重なオートクチュールコレクションの中から13体を展示いたします。衣服の枠を超え空間表現へと昇華された作品の数々を、繊細な意匠が施されたテキスタイルの細部までご覧いただけます。ステージでは、2018年にパリで公演され、世界中から話題を集めたミュージカルショー「Fashion Freak Show」の特別編集版を日本初上映します。

CAFE / B1F
news_190829_05.jpg カフェ空間イメージ

news_190829_08.jpg ジャン・バプティスト・モンディーノ氏 展示作品一例 ©Jean-Baptiste Mondino

B1FのCAFEでは、ジャンポール・ゴルチエ氏の代名詞とも言えるブルーストライプで彩られた空間で、限定スイーツを提供します。カフェスペースの一角には、ゴルチエ氏との親交も深い、フランス出身ファッションフォトグラファー / 映像ディレクターのジャン・バプティスト・モンディーノ氏による写真作品を展示。オンワードグループのアーカイブの中から、今回のために特別にリプリントされた貴重な作品をご覧ください。

MARKET / 2,3F
ファッションとカルチャーの独創的なキュレーションを楽しめる2,3F のMARKETでは、オンワードグループのJean Paul GAULTIERアーカイブから16 型を特別にリプロダクションし、限定販売いたします。企画展の開催を記念したクッションとオリジナルトートバッグも数量限定で販売いたします。

news_190829_06.jpg リプロダクションアイテム全16型(写真は一例)
21,000円~120,000円 + tax

news_190829_07.jpg 限定トートバッグ 5,000円 + tax

news_190829_09.jpg 限定クッション全11型(写真は一例)
20,000円 + tax

【問い合わせ】
KASHIYAMA DAIKANYAMA 特別企画展
『EXPANDING FASHION by JEAN PAUL GAULTIER』
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町14-18
TEL 03-5784-1287
MAIL:info@kashiyamadaikanyama